具体的な行動

弁護士への無料相談で今後の方針などがある程度決まったら正式に依頼することになります。相談は無料でも実際に慰謝料請求を依頼するとなると当然費用が発生します。弁護士に慰謝料請求を依頼すると内容証明を送ってくれたり、調停や訴訟で慰謝料を請求するといった方法で話を進めていくことになります

内容証明内容証明は手紙の内容が郵便局にも保存されますから、後から手紙の内容について主張することができます。配達証明もつけておくことで請求された側の人が言い逃れをすることもできなくなるでしょう。人によっては内容証明など受け取っていないと言い張ることも考えられますが、配達証明もつけておけばそのような言い逃れはできません。

内容証明を配達証明つきで送るだけでも慰謝料請求が成功することは多いのですが、それでも支払ってくれない、応じてくれないとなれば裁判を起こすことになるでしょう。裁判は弁護士の得意とする業務領域の一つです。弁護士ならスムーズに裁判に移行してくれますし、裁判によって慰謝料の請求額も決められます。基本的には内容証明の送付で応じてくれないときは裁判ということになりますが、このあたりのことは相談した弁護士と話し合って決めると良いでしょう。

無料相談してみる

弁護士に法律に関する相談をすると料金が発生します。相談するだけでも料金が発生するの?と思われた方もおられるでしょうが、弁護士は高度かつ専門的な法律知識を武器にあらゆる問題の解決を行っていますし、いわば法律知識は商売道具であり商品でもあります。それを利用するのですから当然相談だけでも料金は発生してしまいます。

お財布相談に関する料金は弁護士によってまちまちですが、一時間3000~5000円程度になっていることが多いです。しかし、現在では初回だけ無料相談可というような法律事務所も少なくありませんから、こうした弁護士を見つけて相談してみてはいかがでしょうか。実際、無料相談をしている弁護士は意外にたくさんいます。

相談したら依頼もしないといけないのでは、と思ってしまいがちですが、相談したからと言って絶対に依頼しないといけないということはありません。そのような心配をすることはありませんから、まずは気軽に相談してみましょう。もしかすると相談に乗ってもらっただけで具体的な解決法が見つかるかもしれません。信頼できる弁護士だと感じたらより具体的な話を詰めていけば良いでしょう。まずは無料相談して今後のことを話し合ってください。

【推奨サイト】慰謝料相談の流れ

まずは弁護士探し

弁護士はあらゆる法律業務を行うことができる唯一の存在ですから、基本的にどこの弁護士にお願いしても慰謝料請求には対応してもらえるでしょう。しかし、だからといって誰でもいいという話にはなりませんし、こちらの満足がいくだけの慰謝料をとってくれる弁護士に依頼しなくてはなりません。

電球弁護士によって得意とする業務もあれば、不得意なジャンルもあります。借金問題ばかりをメインの業務にしているような弁護士だと慰謝料請求はあまり得意でないかもしれませんし、どのような性質の慰謝料請求を行うかでも弁護士の選び方が違ってきます。そうしたことも踏まえつつ、抱えている問題と慰謝料請求に強い弁護士を見つけることが先決と言えるでしょう。

交通事故の慰謝料を請求したいのならこうした問題に強い弁護士を選ぶ必要がありますし、不倫慰謝料を請求したいのならこの問題を得意とする法律事務所に依頼する必要があります。ここで弁護士選びを間違ってしまうと満足がいくだけの慰謝料をとることができなかったり、慰謝料を支払ってもらうまでに時間がかかりすぎることも考えられます。まずはしっかりとその問題に向き合ってくれる、適切な対応が可能な弁護士探しから始めましょう。

弁護士への慰謝料請求依頼

慰謝料とは精神的な苦痛に対する損害賠償金のことを言います。慰謝料が発生するケースというのは実にたくさんありますし、こんなことでも慰謝料が発生するの?と驚いてしまうようなケースも少なくありません。ただ、普通の生活を送っていて慰謝料の請求をするようなシーンに直面することは少ないでしょうし、いざそのシーンに直面したとしても何から手を付けていいのか分からない、と感じてしまう方が多いのもまた事実です。

悲しむ女性精神的な苦痛を受けたのなら誰でも慰謝料を請求することができますが、法律的に決まりがあるわけではないため請求しないこともできます。このあたりは本人の自由なのですが、精神的な苦痛を受けたのなら慰謝料は支払ってほしいですよね。慰謝料を請求する方法はいくつかありますが、これも特に決まりはありません。口頭で請求することも可能ですし、文書や電話で請求する、裁判手続きで請求するといった方法もあります。

慰謝料を請求するもっとも確実な方法として弁護士への依頼が挙げられます。慰謝料請求は弁護士の業務領域でもありますし、こうした業務を得意としている弁護士もたくさんいます。しかし、いざ慰謝料請求を弁護士に依頼したい、と思っても日ごろ弁護士と関わることのない方にとっては弁護士に相談するということがすでに高いハードルですよね。そこで、ここでは弁護士に慰謝料請求を依頼するにはどのような手順を踏めばいいのかについてお話したいと思います。