弁護士への無料相談で今後の方針などがある程度決まったら正式に依頼することになります。相談は無料でも実際に慰謝料請求を依頼するとなると当然費用が発生します。弁護士に慰謝料請求を依頼すると内容証明を送ってくれたり、調停や訴訟で慰謝料を請求するといった方法で話を進めていくことになります

内容証明内容証明は手紙の内容が郵便局にも保存されますから、後から手紙の内容について主張することができます。配達証明もつけておくことで請求された側の人が言い逃れをすることもできなくなるでしょう。人によっては内容証明など受け取っていないと言い張ることも考えられますが、配達証明もつけておけばそのような言い逃れはできません。

内容証明を配達証明つきで送るだけでも慰謝料請求が成功することは多いのですが、それでも支払ってくれない、応じてくれないとなれば裁判を起こすことになるでしょう。裁判は弁護士の得意とする業務領域の一つです。弁護士ならスムーズに裁判に移行してくれますし、裁判によって慰謝料の請求額も決められます。基本的には内容証明の送付で応じてくれないときは裁判ということになりますが、このあたりのことは相談した弁護士と話し合って決めると良いでしょう。

具体的な行動