慰謝料とは精神的な苦痛に対する損害賠償金のことを言います。慰謝料が発生するケースというのは実にたくさんありますし、こんなことでも慰謝料が発生するの?と驚いてしまうようなケースも少なくありません。ただ、普通の生活を送っていて慰謝料の請求をするようなシーンに直面することは少ないでしょうし、いざそのシーンに直面したとしても何から手を付けていいのか分からない、と感じてしまう方が多いのもまた事実です。

悲しむ女性精神的な苦痛を受けたのなら誰でも慰謝料を請求することができますが、法律的に決まりがあるわけではないため請求しないこともできます。このあたりは本人の自由なのですが、精神的な苦痛を受けたのなら慰謝料は支払ってほしいですよね。慰謝料を請求する方法はいくつかありますが、これも特に決まりはありません。口頭で請求することも可能ですし、文書や電話で請求する、裁判手続きで請求するといった方法もあります。

慰謝料を請求するもっとも確実な方法として弁護士への依頼が挙げられます。慰謝料請求は弁護士の業務領域でもありますし、こうした業務を得意としている弁護士もたくさんいます。しかし、いざ慰謝料請求を弁護士に依頼したい、と思っても日ごろ弁護士と関わることのない方にとっては弁護士に相談するということがすでに高いハードルですよね。そこで、ここでは弁護士に慰謝料請求を依頼するにはどのような手順を踏めばいいのかについてお話したいと思います。

弁護士への慰謝料請求依頼